マンスリーマンションで一人暮らしをするときの注意点とは


周辺の立地をよく確認しておく

マンスリーマンションを借りる場合には、通常の賃貸契約と比べて短期間の入居になることが多いですが、それでもしっかりと周辺地域のことを確認しておくことが必要になります。よく問題になりがちなのは、周辺に大通りがある場合です。大通りがある場合には、自動車の走行音などがうるさく夜も安眠を期待できない可能性があるでしょう。それ以外でも、工場などがある場合には昼間うるさい可能性も否定できません。建物の周辺を見学する場合には、平日の昼間や夜などに訪問してみると良いです。不動産会社と一緒に見に行った時とは、また違う印象が出てくるからです。

設備や備品をよく確認しておくこと

マンスリーマンションを借りる場合には、設備や備品が最初から付属していることがほとんどになります。よくある例としては、一人暮らしをするのに必要な電化製品が全て揃っている場合です。このメリットは、なんといってもわざわざ新しい家電や備品などを購入せずに生活できてしまうことでしょう。例えるなら、ビジネスホテルに長期間住み続けるようなものです。ある意味、ビジネスホテルより使い勝手が良い可能性も高いでしょう。

とは言え、本当にその設備の使い勝手が良いかは別の問題になります。例えば、最初から一人暮らし用の冷蔵庫が置かれていることがありますが、冷蔵庫の大きさは正方形のボックス型のものだとたくさんものが入りません。冷凍庫なども付いていないため、不便に感じることがあるでしょう。もしこのような場合には、自分で冷蔵庫を持ち込むのは1つの方法です。あるいは、ある程度大きな冷蔵庫があるところを選ぶのも1つの方法といえます。

マンスリーマンションとは、敷金や礼金が必要なく、家具も一通り揃った賃貸住宅です。期間も、契約によって週単位や月単位で選ぶことが出来ます。