住み込みの工場の求人を見つけて仕事と家を確保しよう


大手の会社の工場では住み込みの寮があります

大手の会社、例えば、自動車の組み立てや部品の工場などは全国から工場への求人広告を出しています。全国から工場に働きに来るには、各自で家を探すのは大変なので、住み込みの寮を完備しています。寮と工場の距離は近くにあり、工場によっては工場と寮の往復を車でしてくれる場合もあります。寮と工場が近くにあることで残業も景気が良ければ多くあります。また、24時間操業の工場では、1週間交代で日勤と夜勤を繰り返します。

寮という寝泊まりできる場所があれば、後は工場で働くだけです。ただし、多くの会社では寮のお金は給料から徴収されます。また、寮の中にあるテレビや布団などの生活に必要な品物もレンタルで貸してくれるので給料からそのレンタル料金は徴収されます。

小さな工場では社長宅に住み込みという場合もあります

小さな町工場の場合は、従業員も少なく、遠方から就職した社員は社長の家などに住み込みをしていろいろなことを学びます。例えば、和菓子を作っている工場の場合、小さな工場も少なくありません。そんな工場に勤務した時に住み込みをし、社長の家で食事などを一緒にすることで仕事のことをいろいろと学ぶことができます。場合によっては、少しでも早く一人前に近づくために社長自ら工場が終わってから、住み込みをしている若い社員を鍛えることもあるでしょう。

これは、昔から日本に続く伝統的な職人の養成の仕方です。そして、若手は日々鍛えられ和菓子のことを社長からいろいろと教えてもらい一人前の職人として工場で社長の代わりに陣頭指揮をとるような実力を身につけます。

イカイアウトソーシングはこちら