どんなタイプがあるの?ドライバーの車種の種類を知ろう


トラックドライバーの仕事は1つではない

年齢や経験によっても異なりますが、ドライバーとして働く場合、その種類は多いです。それぞれの特徴を理解して働く先を見つけることが望ましいでしょう。最も多く知られているのは、トラックドライバーです。トラックドライバーといえどもその種類は複数存在しており、軽乗用車を使った宅配便ドライバーから、大型トラックを使ってルート配達を行うドライバーまで様々といえます。普通乗用車免許でも運転できるのは個人や企業向けのメールや小形の荷物を取り扱う宅配便ドライバーで、大きな荷物を運搬するのは中型免許異常を取得しているドライバーです。車種によっては大型免許を取得しなければなりません。単なるトラックドライバーといえども、その種類は複数存在していることを理解して探してください。

タクシーやバスのドライバーも複数ある

タクシードライバーの場合は、普通免許2種が必要となります。しかし、未経験であっても習得サポート制度がある企業の場合は、未取得であっても取るまでサポートしてもらえるため、心配はいりません。なお、通常のタクシーだけでなく、介護タクシーと呼ばれる介護が必要な人や身体障がい者むけに送迎や介助を行う介護タクシードライバーもあります。バスドライバーも観光バスと路線バスでは内容が異なりますが、高速バスも観光や路線バスとは勤務形態が異なるため、注意が必要です。また、これ以外にも企業の役員専用の社用車の運転手となる方法などもあるため、求人情報を確認して運転手になる方法を目指してください。

埼玉のドライバーの求人は充実しています。タクシーなどの人を乗せるタイプや、トラックでの配送をするタイプなど多業種で募集しています。