工場の仕事するなら、仕事の内容について知っておこう


工場の仕事でもっとも多いライン作業

工場とひとくちにいってもたくさんの業種があります。とはいっても実際に携わる業務というのは共通している部分もたくさんあります。工場で働きたいと考えているのであれば、どういった仕事を実際することになるのかを知っておいて損はありません。いくつかある工場での勤務の中でも、もっとも多いのが「ライン作業」です。ライン作業というのはベルトコンベアまたは台車などに積まれている製品や材料を順番に組み立てていき、完成製品にするという業務です。

一つの製品をいちからすべて組むこともあれば、全行程のうち、いくつかの工程をひたすら繰り返すといったところもあり、ライン作業といってもどこまでが自分の担当になるのかは企業によってことなります。

工場では加工系と食品系がある

工場で働くことになった場合、勤務先は主に「加工・組み立て」系か、「食品・飲料系」に分けられます。組み立てや加工系の工場では機械製品や自動車に使う部品や自動車本体、家電製品やOA機器など、私たちが普段使っているものを工場で組み立てて、加工していきます。組み立てや加工は主にライン作業でおこなうこととなります。新しく入社する場合はラインでの業務に携わることとなりますが、中途採用や工場での勤務系経験がある人は、ライン管理を任されることもあります。ライン管理では実際に組み立て業務をすることはありませんが、より効率よく製造できるよう段取りをしていかなければいけません。

食品、飲料系も同様にライン製造となっていて、材料の投入や検品といった業務をします。食品、飲料系の管理は機械製造工場よりも厳しくなっています。

単純作業が得意!工場で働きたい!東京で働きたい!という方にオススメです。東京の工場の求人を見てみませんか