地方の工場求人にはどのような特徴があるの?通いと寮で勤務条件が異なる例に注意


地方の工場は車で通勤が当たり前

工場は騒音や振動がある程度出てしまうので、工業専用地域に建設されることが多いです。地方の工場は新設を促すために工業団地を地方自治体が造成して誘致を積極的に行っており、住宅地から離れた場所に作ることで地域住民からの苦情が出ないように配慮しています。そして、通勤手段として車で訪れることが多いからこそ、マイカー通勤可能という条件が付いています。

大規模工場は寮を完備して交代勤務が一般的

稼働時間が長く大規模工場であるほど24時間操業が珍しくないので、2交代や3交代勤務が積極的に採用されています。通勤時間節約と寝坊による遅刻を避けるために大規模工場の近くには寮を設置していることが多く、多少の遅刻ならばすぐにでも呼びに行ける状態です。このため、急な病欠が発生した場合には公休日の人から臨時出勤を募りやすくなっていて、特に用事が無い人は休日出勤手当狙いで応じる人が少なくありません。寮費を補助してでも工場周辺に寮を設置するメリットは、会社と労働者双方にあるわけです。

時給の違いに注意して選ぼう

地方の工場ではマイカー通勤をしている人と寮生活の人で、必ずしも時給が統一されているわけではありません。寮生活をしている人の中には単身赴任となっている人が含まれており、工場稼働に必要な技術者ほど割増給与を出してでもライン作業に携わってもらう人材が含まれています。このため、同一ラインにいても時給が一緒とは限らず、直接雇用と派遣労働者の間にも時給差が生まれてしまうことが多いわけです。どのような雇用形態で働くのかしっかり決めた上で勤務しなければ、得られる報酬に差が出てしまう可能性があります。

日総工産は人材派遣などを行っている企業です。福利厚生の面に定評があり、全国に自社が保有する寮を整備している事が特徴です。