タクシーへの転職は簡単!?転職前に知っておきたいこと


転職では体力があるほど有利になるのか

タクシー運転手という仕事は重たい荷物を持つような状況はそれほどなく、体力に自信のない方も大勢活躍しています。ただしタクシー特有の勤務形態に慣れることは必須であり、日勤業務しか経験のない方がタクシーに転職するときは、つらいと感じる人が少なくないようです。 つらいと感じる勤務形態は隔日または夜勤であり、日勤でつらいと感じる人はあまりいません。隔日は2日分の勤務を1回でこなし、翌日は休むという勤務形態になります。夜勤は夜だけの業務になり、日中に働いて夜に眠るスタイルに慣れている方はつらいと感じることが多いようです。

自分に合った勤務形態で仕事をしよう

タクシーに転職する方には、運転好きが少なくありません。ただお客さんを見つけるために集中力を研ぎ澄ませる必要がありますし、乗車中は空車中と比べて大きなストレスを覚えることになります。ストレスから疲労が生まれることは多いので、思ったより疲れるという声があります。若い年代でタクシーに転職した方は、体力不足を感じることは少ないでしょうが、中高年世代で初めてタクシーに転職する方だと話は違ってきます。 もし体力的に厳しいようならば、勤務形態を変更してもらうのが一番です。ただ一般的につらい勤務体系ほど稼げる現実がありますので、ここはうまく折り合いをつけていく必要があるでしょう。

体調管理がタクシーを長く続ける秘訣

高齢になってもタクシーで活躍している方は、体調管理がしっかりとできています。タクシー運転手にとって身体は何よりの資本になるので、生活スタイルの乱れには注意してください。健康管理がうまくできなければ、体調不良や病気で働けなくなる可能性が高くなります。

ドライバーの求人には、引っ越し業者や運送業者、トラックの運転手やタクシードライバーなど幅広い職種があります。